体に疲れが溜まっていると感じたら疲労回復のサプリメントを飲もう

レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 手もアンチエイジング

手もアンチエイジング

ハンド

病気ではないけど

ハンドペインは手の甲の血管がごつごつと浮き出て見えることです。手というのは自分でも他人からも頻繁に見られる部分です。それだけに気になるし悩んでいる方も多いでしょう。それに手には年齢がでるとよく言われますよね。顔はメイクできるし、腕や足は服で隠せますが、手はなかなか難しいです。原因は加齢がかなり影響しているようです。肌、血管がともに老化することでハンドペインの症状が現われてしまいます。年齢を重ねるごとに肌は薄くなり、血管は弾力がなくなります。紫外線や台所仕事など刺激を受けることも影響するようです。普段の生活から外出の際は手袋をしたり、日焼け止めを塗るなど紫外線対策をして予防することも大事です。肌にうるおいを与えるサプリメントやクリームなどのこまめなケアで少しでもきれいな手でいたいものです。

病院で治療する

高齢者のアンチエイジングケア希望者が増えていることから、ハンドペインを治療できる病院もあります。下肢静脈瘤を専門に診療している病院などで、治療してくれるところが多いようです。やはり血管について診療、治療している病院だと専門的な知識や実績がありそうですね。ただハンドペインは病気ではないので、保険診療ではなく自由診療になります。費用は高額になり30〜50万円程になるようです。血管の本数などによっても変わってくるようなのであくまでも目安になります。治療方法はいくつかあります。体外レーザー照射、血管内レーザー治療、硬化療法などがあります。レーザーでは血管を収縮させる効果が、硬化療法では硬化剤を注入します。どちらも血管に働きかけることで目立たなくする治療になります。これらの治療方法は長所短所があり、血管の太さや本数などにより最適な方法は変わってきます。施術後のケアにも違いがあります。